わんちゃんと暮らせなくなったら

ワンちゃんを暮らせない事情が発生しても、決して保健所に連れて行かないでください。

まず回りの人に相談しましょう。家族や親戚、友だち…

ワンちゃんのお散歩でよく会う顔見知り

案外本気でいっしょに考えてくれるものです。

そういう人が回りにいない時、ほんとうに困った時は

レスキュー団体に相談しましょう。

クリックするとレスキュー団体一覧が開きます。

レスキュー一覧

一人で悩まずに、愛するワンちゃんのために、出来るかぎりのことをしましょう

希望はあります。

安易にレスキュー団体に相談するのはよくありません。

ですが、

愛犬の命を断つ(捨てる、保健所に持ち込む=死の宣告と私は考えます)か、

万策尽きてレスキュー団体に頼るか

しかないこともあるように思います。

お願い
いっしょに考えましょう

レスキュー活動にはたいへんな労力と費用がかかります。
一人一人の愛犬家がレスキュー団体に対して、何ができるのか
を考えることも必要なのだと思います。
もし私が歳をとって里親を含めて、新たにわんちゃんと暮らせなくなったら、
私の身体でできる範囲のボランティアをするかもしれません。
それも無理であれば、寄付や物資支援をするかもしれません。
一人一人できることは違いますが、頼るだけでなく、その時、その時何ができるかを考えて行きたいです。